新刊

買う理由は雰囲気が9割

最強のインフルエンサーマーケティング

著者 福田 晃一
ジャンル ビジネス・自己啓発
ISBN 9784866670003
判型・ページ数 4-6
定価 本体1,400円+税
在庫 在庫あり
人は、「雰囲気」で購入するモノを決めている!?
クライアント1000超のインフルエンサーマーケティングのパイオニアが共感、共有、共創のスパイラルでつくる新しい売り方について語った1冊。

純粋な消費者など、もう存在しない――。
近年、消費者の在り方が大きく変わっています。
「企業と消費者」という対立体制はすでになくなり、SNSを手にした生活者は顧客の枠を超えたコンシューマーとなっています。
モノを買う理由も「欲しい」から「やってみたい」「体験を共有したい」へ と変わりました。
つまり、企業と消費者が「共創」する時代となったのです。
その中で欠かせないのがインフルエンサーマーケティングです。

本書では、イマドキのモノの売れ方、インフルエンサーマーケティング、SNS、ネットメディアの効果的な活用法、消費者に今、何が起きているのか、インフルエンサーにPRを依頼するコツなどについて、数々の広告代理店や企業で教えている著者が解説しています。
1万人を超えるインフルエンサーと仕事をし、自らの事務所を「インスタ映え」を意識してデザインするなど、現場を知っているからこそ、知りえることが盛りだくさんとなっているうえに、新たなPRのあり方、モノの売り方の提唱でもあるため、広報、PR担当だけでなく、起業家、経営者、ビジネスパーソン他、すべての働く人、インフルエンサーに手にしていただきたい本です。

巻末特集の今大人気のインフルエンサーたちによる座談会で語られた「本音」は、企業PR、広報担当、経営陣は必読。あなたの思い込みや不安を払拭してくれるはずです。
プロローグ 「欲しい」ではなく「買わなければ」を演出する

Chapter1 なぜ「売れる商品」と「売れない商品」があるのか?
01 人は雰囲気でモノを選び、買っている 
02「誰かの声」が行動を決める
03 “本当にいいモノ”とは何か 
04 自分に付加価値をくれるモノを人は求めている 
05 インフルエンサーという存在 
06 「世界観」が「買わなければ」を引き出す 
07 「自分ごと」になるから人は共感する

Chapter2 消費者が欲しがっているのは「イケてる自分」
01 人は“いい感じ”に心惹かれる
02 インフルエンサーに響く2つの特徴
03 人は自分で選びたい
04 価値観を提供するインフルエンサーの言葉
05 ヒットのスパイラルは「体験したい雰囲気」 
~企業の予想を超えたシーブリーズのヒット~

Chapter3 SNS時代の「雰囲気売れ」のつくりかた

Chapter4 「人マーケティング」を理解する

Chapter5 インフルエンサーと最強のPRをするために企業がすべきこと

巻末特集 人気インフルエンサーたちによる「本音」座談会

SHOPPING ご注文

1,400円+税

カートに入れる

ネット書店で購入

  • Amazon
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • セブンネットショッピング
  • 楽天ブックス
  • MARUZEN & JUNKUDO
  • 紀伊國屋書店
  • TSUTAYA online
  • honto
  • ブックサービス
  • Honya Club.com
  • ローチケHMV
  • BOOKFAN by eBookJapan

SHARE シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • あさ出版メールマガジン

  • 人を大切にする経営学会

  • kousi