新刊

トヨタの研修を20年続けたプロが直言する現場をなめるな!

著者 早矢仕 正克
ジャンル ビジネス・自己啓発
出版年月日 2018/04/07
ISBN 9784866670065
判型・ページ数 4-6
定価 本体1,400円+税
在庫 在庫あり
トヨタができて中小企業にできないはずはない!

■20年にわたってトヨタの研修に参画する

私は本書を通じて、4つの大事なことをお伝えしようと考えています。
第一に、「強い企業」には、優れた理念(経営者の思想・哲学)があり、
それを体現している肚(はら)のすわった、信念のあるリーダーがいる。
第二に、こうしたリーダーのもとで強い現場力が生まれ、
また、その現場力を生み出すための仕組みがある。
第三に、「優れたリーダー」は、人間力が磨かれ、
メンバーを惹きつける魅力にあふれている。
第四に、「人間力」を鍛えるには〝場所〟と〝時間〟を設け、
手間(トップリーダーや上司・先輩のめんどう見)を必要とする。

従来、日本企業の強みは「現場力」にあるといわれてきました。
ところが近年、その評価が揺らいでいます。
大手企業から中小企業まで、現場力の低下が危ぶまれているのです。
トップリーダーからは、「指示待ちの社員が増えた」
「中堅社員もチャレンジ精神に欠ける」といった嘆きが聞こえてきます。
私の研修でも、経営者や教育担当者から
「自主的に考えて、動く社員に育ててほしい」と、
はっきり口に出して要望されるケースが増えています。
私は、こうした声に対して
「たしかに、現場リーダーが育っていないな」と
納得する半面、多少の違和感も覚えます。
なぜなら、いまでも着実に現場リーダーが育っている企業があるからです。
トヨタ自動車(以下、トヨタ)は、
その代表的な企業のひとつといえるでしょう。

私は1997年から20年間にわたって、
トヨタで現場第一線のリーダーの育成を
お手伝いしてきました。その詳細については本論をお読みいただくとして、
私はこの経験からトヨタの「強み」を肌で感じることができました。
それは、一言でいうなら「社員の潜在能力」を引き出す強いリーダーと
「仕組み」があることです。
では、その仕組みとはなんでしょうか?
これも端的にいってしまえば、
人材育成の基本をOJT(On the Job Training)に
置きながら、集合研修やQCサークル(Quality Control Circle)、
さらにはクラブ活動など、
さまざまな〝仕掛け〟を張りめぐらしているのです。
私の研修も、その一端を担っているわけです。

■なぜ、私の研修が選ばれたのか?

しかしなぜ、トヨタほどのグローバル企業が、
独立系コンサルタントである私の研修を社員教育に導入しているのか、
不思議に感じる読者がいるかもしれません。
そもそも、私がトヨタの研修に関わるようになったのは、
1本の電話がきっかけです。
実際に研修が始まる前年の96年、トヨタの生技管理部から突然、
お電話をいただきました。
それまでトヨタとのお付き合いがまったくなかった私は戸惑いました。
受話器のむこうからは
「研修の講師をお願いしたいのですが……」という
若い女性の声が届いてきます。
「なぜ私に?」と頭が混乱するなか、
「中部経済新聞に連載された
『21世紀への人材育成』という記事を読んで……」
とのことでした。
たしかに93年当時、まだ30歳の若造でしたが、
20本の連載記事を書いていました。そのあとも、
『続・21世紀への人材育成』としてさらに20本を書いています。
それらが目にとまったということでした。
聞くところによると、
「(教育部に在籍したことのある)A室長がふだん言っていることと、
同じようなことが書かれていた」そうです。
つまり、人材育成の考え方に多くの共通点があったのです。
<span style="display: inline !important; float: none; background-color: transparent; color: #333333; font-family: 'Hiragino Kaku Gothic Pro W3','Hiragino Kaku Gothic ProN',Meiryo,sans-serif; font-size: 13.3
第1章 トヨタに学ぶ「人づくり」の思想
第2章 この研修でなぜ、「強い現場」ができるのか?
第3章 私がトヨタで実践してきたDMP研修の中身
第4章 本当の教育は研修が終わってから
第5章 【研修企業からのメッセージ】私の会社はこう変わった!

SHOPPING ご注文

1,400円+税

カートに入れる

ネット書店で購入

  • Amazon
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • セブンネットショッピング
  • 楽天ブックス
  • 紀伊國屋書店
  • TSUTAYA online
  • honto
  • Honya Club.com
  • HMV&BOOKS online
  • BOOKFAN by eBookJapan

SHARE シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • あさ出版メールマガジン

  • 人を大切にする経営学会

  • kousi