講師プロフィール | 加藤俊徳 | あさ出版の講師派遣

加藤俊徳(かとうとしのり)

三枝理枝子(さえぐさりえこ)

【職業・役職】
株式会社「脳の学校」代表、加藤プラチナクリニック院長。医学博士。

【プロファイル】
プロファイル 新潟県生まれ。14才のときに、「脳を鍛える方法」を探そうと、医学部への進学を決意する。県立長岡高校、昭和大学医学部、同大大学院を卒 業後、91年国立精神神経センターにて脳機能を光計測するfNIRS原理を発見し証明する。世界700カ所以上の施設で使われるfNIRSの生みの親とし て知られる。1995年か2001年まで、ミネソタ大学放射線科MR研究センターにてアルツハイマー病や脳イメージング研究に従事。医師として,独自の MRI脳画像鑑定技術を生み出し、胎児から超高齢者まで1万人以上の脳を分析。脳の病気だけでなく健常な人の脳画像から長所、短所など脳個性鑑定できるオ ンリーワンの技術を持つ。発達障害の原因となる海馬回旋遅滞症の発見。加藤プラチナクリニック(港区白金台)では、MRI脳画像診断に基づいて、発達障害 や認知症の診断や脳の健康のために予防医療を実践している。「脳番地」を用いた脳トレーニング法を提唱した著書「脳の強化書」は、20万部を越えるベスト セラーになっている。

【著作】
脳の強化書」「アタマがどんどん元気になる! ! もっと脳の強化書2 」「まんがで鍛える 脳の強化書(Business ComicSeries)

【主な講演テーマ】
・生きる事が楽しくなる脳番地の鍛え方
・ビジネス力をアップする「脳の強化書」
・リーダー脳のつくり方
・老いない脳の強化法
・認知症を予防する生き方
・いくつになっても脳が成長する秘訣

▲このページの上へ

テーマ別カテゴリ一覧
お問い合わせ