講師プロフィール | 長野雅弘 | あさ出版の講師派遣

長野雅弘(ながのまさひろ)

長野雅弘(ながのまさひろ)

【職業・役職】
聖徳大学附属取手聖徳女子中学校・高等学校長

【プロファイル】
1956年名古屋市生まれ。
南山大学外国語学部卒業後、公立高校を経て私立の女子高等学校に赴任。
2001年にはそれまでのさまざまな実績を認められ、一宮女子高等学校に教頭として赴任。学校改革に腐心し、一年で大学進学実績は前年度の5倍、部活動は インターハイ出場を達成。学校行事は「近隣他校の手本」とまで言われるようになる。翌2002年に同校校長に就任。さらなる授業改革に着手し、センター入 試直結のオリジナルプリント作成や、研究授業・授業哲学などを展開。「どう生きていけば幸せになれるのか」を生徒とともに追求する姿勢を明確にし、学校の イメージアップに大いに貢献。人気校の仲間入りをさせた。
 その後も数校の女子校の校長を歴任し、学校改革において手腕を発揮。
 生徒のことを第一に考え「絶対に落ちこぼれをつくらない」「毎日を笑顔で過ごす」「学校は感動製造工場」をモットーとし、真摯に生徒と教育に向き合うその姿勢から、生徒とその保護者はもちろん、教育界全体から絶大な信頼を寄せられている。
 常盤木学園高等学校では、日本の高等学校において初の『女子学』講座を創設。
 現在、聖徳大学附属取手聖徳女子中学校・高等学校長として6期目。教育課程特例校許可を受け、「女子教育特別プログラム」を実践している。女子教育に関 しては全国初の特例校である。さらに、独自のメソッドで、国公立大学・難関私立大学への現役合格者を4%から31%へと激変させた。また、2011年から は聖徳大学児童学部教授にも就任。教師を目指す学生に教育方法学を教え、より一層の後進の教育に力を入れている。

【著作】
女の子の学力の伸ばし方 心の育て方

【主な講演テーマ】
・ほめれば子どもは伸びるって本当? 〜家庭学習をふまえて〜
・家庭学習のホップ・ステップ・ジャンプ
・児童・生徒の規則正しい生活時間3点固定と効果抜群の食・勉強スペースの空間環境について(教育)
・効果が実証された復習継続法 〜行動科学をふまえて〜
・別学教育の手法と効果

▲このページの上へ

テーマ別カテゴリ一覧
お問い合わせ